カップルでお風呂に入ると長続きする?恥ずかしいときの対処法も!

3 min
お風呂に入る女性

彼氏から「一緒にお風呂入ろ」と誘われたけど、セックス以外で裸を見られるのは恥ずかしい……そんな女性も多いと思います。今回は、お風呂に誘う男性心理を解明し、一緒にお風呂に入るのが恥ずかしいときの対処法や、彼とのお風呂がもっと楽しくなる方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼女とお風呂に入りたがる男性心理

男性の「一緒にお風呂入ろ」は、彼女とバスタイムを楽しみたいという思いから来るよりは、別の目的を達成する手段のパターンが多いです。

では、その手段とはなんなのでしょうか?

それは、あなたを喜ばせること。実は、女性は彼氏とお風呂でいちゃいちゃしたいと思っている方が多いのです。わたしは違う! という方もいられるかもしれませんが、少なくとも男性は「彼女と一緒にお風呂に入ってあげると喜ぶ」と思っています。

お風呂に誘われると、ついつい「セックスまでの流れを作りたいだけでしょ」と邪心してしまいがちですが、案外その可能性は低いのです。

一緒にお風呂に入るのが恥ずかしいときの対処法

そうはいっても、一緒にお風呂に入るの恥ずかしい! という女性も多いと思います。本当に嫌なら「恥ずかしいからごめんね」と断っても大丈夫ですが、断るほどではないときは次のことを試してみてください。

色の濃い入浴剤を使う

まずは入浴剤を使う方法です。オススメは乳白色。お湯に色がつくので裸を見られる可能性もありませんし、いい香りでリラックス効果もあります。

照明を落とす

恥ずかしいのが電気が付いていて明るいからなら、電気も落としちゃいましょう! ただ真っ暗は危ないので、アロマキャンドルを焚いたり、洗面所の電気はつけておくのがオススメ。ムーディーな雰囲気で彼との距離も近いちゃうかも?

ジャグジー機能を使う

家のお風呂ではなかなか厳しいですが、ホテルなどに泊まった際におすすめの方法がこちら。入浴剤と合わせるとさらに効果的です。

彼氏と体を密着させる

一番簡単な方法が体を密着させることです。体をくっつければ見られることはありません。また、肌同士がくっつくことで彼をドキドキさせられるかもしれません。

ただ、体を洗うときにはこの方法は使えないので、彼に先に洗ってもらって「先に上がってて?」と頼むか、あなたが先に入って「15分後に入ってきてね」と髪や体を洗う時間を確保するのがオススメです。

お風呂でスキンシップをするメリット

一緒にお風呂に入ることでどんなメリットがあるのでしょうか?

仲が深まる

まず一番に仲が深まることです。一緒にお風呂に入るとは、かなり相手に気を許していなければできないこと。裸になってひとつの浴槽に浸かることで、本能的に仲が深まります。

また、男性心理として、裸もそうですがすっぴんや髪を洗う姿なんかを見たときに、「こんな姿は自分にしか見せないんだなぁ」と優越感に浸るそうです。

ゆっくり話ができる

普段一緒にいても、別々のことをしたりしているカップルは多いと思います。そんなカップルも、一緒にお風呂に入れば自然と近況報告などができるようになります。最近お互い忙しくてすれ違っていた、なんて場合にもオススメなのがお風呂。リラックス空間でゆっくり話をしてみてください。

癒し効果がある

湯船に浸かると安眠効果があるなんて聞いたことがありませんか? お風呂そのものにも癒し効果があるのですが、そんなお風呂に大好きな恋人と入れば癒し効果も倍増ですよね。

理想の体型をキープできるようになる

彼と久しぶりにいちゃいちゃしていたら、「あれ? 太った?」なんて言われて傷ついたことのある女性も多いのでは?

一緒にお風呂に入る習慣をつけることで、体の隅々まで気を配ってメンテナンスできるようになります。ダイエットのモチベーションが湧かないという方は、彼にいつお風呂に誘われてもいいように、と思ってがんばるのがいいかもしれません。

一緒にお風呂に入るのがより楽しくなるオススメの方法

せっかく一緒に入るなら、楽しい時間にしたいですよね。最後にバスタイムをもっと楽しくする方法をご紹介します。

泡風呂にして一緒に盛り上がる

小さい頃に泡風呂で遊びませんでしたか? 幼少期に戻ったみたいに無邪気にお風呂で遊んでみましょう。頭に泡をのせたり、体にまとわせたり。きっと楽しいバスタイムになること間違いなしです。

音楽・動画を鑑賞する

スマホを防水できるケースやジップロックに入れて、お風呂の中で音楽や動画を楽しみましょう。照明を落として映画館風にするのも楽しいかもしれません。

まとめ

今回は男性がお風呂に誘う心理を始め、お風呂が恥ずかしいときの対処法や一緒にお風呂に入るメリットをご紹介してきました。この記事を読んで彼とお風呂に入りたい! と思ったら、あなたから誘ってみるのもいいかもしれません。それでは、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
なな子

なな子

なな×ロマを運営しているなな子です。文学とあたたかいお茶と高所が好き。
日常をちょっと豊かにするブログとしてあなたの毎日に寄り添えたらうれしいです。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA