遠距離恋愛でのマンネリ化は危険信号!?倦怠期を乗り切るコツは?

3 min
信号機

こんにちは、なな子(@nnk__1105)です。

みなさんは遠距離恋愛をしたことがありますか? 遠距離恋愛と聞くと、長続きしなさそうというイメージを持つ方も多いかと思います。ですが、遠距離恋愛はマンネリ化さえ回避すれば普通の恋愛のように良好な関係を続けることも夢じゃありません! 今回はマンネリ化に陥りやすい遠距離カップルの特徴を踏まえ、マンネリ化の回避方法についても解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ

・いま遠距離恋愛をしている

・最近恋人とマンネリ気味だ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遠距離恋愛の付き合い方は1パターンでマンネリ化を加速

遠距離恋愛というと「休みが合うときにどちらかが相手の住む街に会いに行く」というパターンに毎回当てはまってしまいます。

お互いに実家暮らしだとホテルを取ることになって旅費もかさみますし、毎回同じ土地を訪れるのでデートも1パターンになりがちです。その代わり映えのないデートこそが、ドキドキ感を感じさせなくなりマンネリ化に繋がるのです。

また、普通のカップルだとちょっとした喧嘩をすることで逆に本音で話し合えて打ち解けあったりするものですが、遠距離カップルはたまのデートを穏やかに過ごしたいという気持ちが強いため喧嘩を避ける傾向にあります。これも結果的に波風の立たない平凡なデートの原因になっています。

遠距離恋愛が1パターン化してしまう理由

①どちらかが相手の土地に会いに行く、が定番なのでデートスポットが代わり映えしない

②たまにしかできないデートで喧嘩をしないように気をつけすぎてデートが平凡になってしまう

遠距離恋愛におけるマンネリ化が危険な理由

遠距離恋愛は近距離恋愛よりもマンネリ化が及ぼす影響が大きくなります。それはなぜでしょうか?

会うのが億劫になる

マンネリ化が進んでいる状態とはすなわち、相手に対して「付き合っている意味がわからない」状態になっていることです。そんな相手のために、何万円も使って会いに行こうと思いますか? 思わないですよね。

遠距離恋愛でマンネリ化に陥ると、結果として物理的距離だけでなく心の距離まであいてしまうのです。

身近にいる他の人に目移りしやすくなる

人間は身近にいる(毎日目にする)人の方が魅力的に見える生き物です。1、2ヶ月に1回しか会えない恋人よりも、仲のいい女友達や会社の同僚の方が頻繁に顔をあわせるので相手のいいところがよく見えるようになって、結果的に目移りしてしまうことも少なくありません。

また、遠距離恋愛は嘘をつこうと思えば自分の行動を誤魔化すことも可能なので、浮気の温床とも言われています。

ただでさえ浮気に走りやすい環境であることに加えて、恋人に対してマンネリを感じているとさらに浮気しやすくなってしまいます

マンネリ化に陥りやすい遠距離カップルの特徴

では、遠距離カップルの中でもマンネリ化に陥りやすいカップルはどんな特徴があるのでしょうか。

大きく分けると

・物理的距離が離れすぎている

・どちらか一方の束縛が激しい

・連絡を取り合う頻度が少ない

の3つが特徴としてあげられます。詳しく解説していくので、もし当てはまるという方は自分の行動を見直してみるといいかもしれません。

物理的距離が離れすぎている

会いに行くのに半日かかる、国際恋愛である、といったような遠距離恋愛の中でも特に距離が離れすぎているケースはマンネリ化に陥りやすい傾向にあります。これは慣れとともに会いにいくための身銭をきれなくなってしまうことが原因です。

どちらか一方の束縛が激しい

恋人同士ならある程度の束縛はあっていいものですが、その束縛の釣り合いが双方で取れていなかったり、重すぎる束縛をしたりしていると相手から鬱陶しがられてしまうことがあります

先ほども言ったように、遠距離恋愛は浮気の温床とも言われているので、恋人が浮気をしているんじゃないかと勘ぐりたくなる気持ちはわかります。ですが相手を信じてあげることも遠距離恋愛には必要なスキルです。

連絡を取り合う頻度が少ない

心の距離が離れてしまうことからマンネリ化してしまうケースです。

遠距離恋愛は、会えない分連絡をこまめに取ることが重要になってきます。相手の生活が見えないまま付き合うことは難しく、次第に興味や関心がなくなってしまいます。だからこそ、LINEや電話を活用して近況報告をし合うことが重要になってくるのです。

遠距離恋愛をマンネリ化させない方法

では具体的にどんな方法でマンネリ化を乗り越えればいいのでしょうか。見ていきましょう。

思い切って合わない期間を作る

遠距離恋愛のマンネリ化は、会えるときにはとりあえず会っておこうという惰性で会うことからはじまります

だからこそ、今惰性で会っているな、デートにドキドキしなくなってきたな、と思ったら一度合わない期間を設けてみるとマンネリ化が解消されることがあります。

大胆なイメチェンをする

普段だったら着ないような服を着る、髪型や髪色を変えてみるなど、イメチェンをして会えるのは遠距離恋愛の醍醐味でもあります。今一度それを思い出して、次の彼とのデートまでに自分を変えてみるのも効果的。彼も新しいあなたに影響されて付き合いたての頃のような新鮮なデートができるかもしれません。

いつも通りのデートプランをやめる

マンネリ化の原因はデートの平坦化だと最初に書きました。

お互いの土地を行き来するデートをやめるのはマンネリ化を脱するにはかなり効果的! 

レンタカーを借りてドライブデートをしたり、全く別の土地で待ち合わせて温泉旅行に行ったり。デートプランを見直すことでマンネリ化は脱却できる可能性があります。

恋人と別れるところを想像する

いまマンネリを感じている人の中には、「付き合っている意味を感じない」と考えている方も多くいると思います。

ここでひとつ考えてみてください。恋人と別れて生きていく自分を想像してみたらどう思いますか? もしもいままでの思い出が思い出されて別れたくないと思ったなら、あなたは本当は付き合う意味を知っているのです。認知の歪みを正すことで、マンネリ化を抜け出すことができます。

まとめ

今回は遠距離恋愛におけるマンネリ化の危険性と回避方法について書きました。物理的な距離が離れているからこそ、心の距離を離してはいけないのが遠距離恋愛。マンネリ化は別れへつながる危険信号なので、しっかり回避していきたいですね。

それでは、また次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
なな子

なな子

なな×ロマを運営しているなな子です。文学とあたたかいお茶と高所が好き。
日常をちょっと豊かにするブログとしてあなたの毎日に寄り添えたらうれしいです。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA