彼氏依存をやめたい……依存から抜け出すためには意識を変えるだけ!

5 min
たそがれる女性

こんにちは、なな子(@nnk__1105)です。

彼氏が本当に自分のことが好きか不安になってしまう……。そういう女性、多いと思います。彼氏に依存しているなと気づいて、依存をやめたいと思っていろいろ調べてここにたどり着いたんじゃないでしょうか。実は、依存をやめるためには行動に起こす前に意識を変える必要があります。今回は依存しやすい女性の特徴・性格を踏まえた上で、依存から抜け出す方法について書いていきます。

この記事はこんな人にオススメ

・彼氏に依存している自覚があって、抜け出したい

・彼氏から冷たくあしらわれる原因が知りたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼氏に依存しやすい女性の特徴

まずは依存傾向にある女性の特徴を見ていきましょう。

・幼少期に十分に愛されなかった

・行動に自分の意思がない

・自分本位な考え方をしている

・嫌われることに極度の不安を感じている

・彼の顔色を伺ってしまう

自分が当てはまるものがあったらよく確認してみてください。

幼少期に十分に愛されなかった

依存体質の女性は、本人の性格とは別に育った環境が大きく影響して依存体質になってしまうことがあります。

両親が厳しかった。兄弟と比べられてもっとがんばりなさいと言われた。そんな記憶はありませんか?

あなたが彼に依存してしまうのは、彼に父性のようなものを感じていて、幼少期に十分に愛されなかった自分を救って欲しいと思っている可能性があります。この人だけがわたしに優しくしてくれた、この人ならわたしを幸せにしてくれるかも、と信じ込むことで余計に彼に傾倒してしまうのです。

行動に自分の意思がない

なにをするにも彼氏の意思を確認して行動、なにかを選ぶときも彼任せ。そういう女性は依存傾向にあります。

例えば、ファッションやメイク、髪型や体型などを彼好みに合わせていませんか? これも当てはまっていきます。

また、このタイプの女性は彼氏の発言の真意を自分で考えられない方が多いです。「彼はこういう性格だからこう考えたのだろう」「これも愛情表現のひとつかな」というように考えることができず、「なんでこうしたの?」「どういう意味かちゃんと説明して」と迫ってしまいます。これもまた彼を疲れさせる要因になります。

自分本位な考え方をしている

自分が不安だから彼の意思を確認したい。愛されている実感が湧かないから彼に愛情表現をしてほしい。こういった自分本位な考え方で彼から言葉をもらおうとしていませんか? これも依存傾向の女性に多い特徴です。

また、自分本位な女性は気に入らないことがあると彼を責め立ててしまったり、感情的になって泣いてしまうことも多いです。自分に自信がないことと自分本位なことは一見真逆にも思えますが、自分に自信がないからこそ自分の狭く作り上げた世界を支配しようと自分本位になってしまいます。

嫌われることに極度の不安を感じている

自分に自信がないために、嫌われることへ必要以上の恐怖を抱いているケースです。自分の片思いから恋がスタートしたならいつ嫌われてもおかしくないと不安に思い、逆に彼から好意を寄せてくれたとしたら本当のわたしを知らないから本当のわたしを知ったら幻滅するんだと悲観します。

よって、なんでもかんでも確認したり、彼の言葉で聞きたがったりしてしまうのです。

彼の顔色を伺ってしまう

依存とは、他者の言動を深く意識している状態です。

この特徴は育った環境が厳しい家庭で、小さな頃から周りの大人の顔色を伺う癖のあった女性に多いです。

彼の言動がいつもと違うだけで一方的に傷ついたり、怒ったりします。彼自身にあなたを悲しめようとか傷つけようという意識はなくても、勝手に言葉や表情からあらを探して傷ついてしまうのです。

彼に依存しやすい女性の性格

続いて、依存傾向にある女性の性格について詳しく解説していきます。

束縛がはげしい

付き合っていく中で不安が多く、そこから強い束縛へと繋がっていきます

「今誰と会っているの、女の子いるの?」

「遅い。何時に帰ってくるの」

「わたしはこんなに心配しているのにどうして連絡くれないの」

上のような言葉を彼に対して使っていませんか? それは立派な「行き過ぎた束縛」です。

彼にとって大事なものや大切な時間かどうかを考えず、自分が不安だからと束縛してしまうのです。

連絡がマメでないと落ち着かない

スマホを使う女性

こういう女性は多いのではないでしょうか。

LINEをしたらすぐに返してほしい、という気持ちはわたしもわかります。 依存状態に置かれた女性にとって、彼からの言葉がなによりも安定剤になります。だからこそないと不安になってしまうのです。また、相手から連絡がこないことを許せなくなって返事の催促をしてしまうこともあります。

彼氏にしか本心を出さない

自分の本心を出せる友達がいれば、感情のはけ口が増えて彼への依存度も下がります。しかし、依存傾向にある女性は「自分には彼氏しかいないんだ」と思い込むことで彼氏にしか本心を出せなくなるのです。

依存体質の女性は「自分には彼氏しか理解者がいない」と思い込むことで、恋愛の最中にいるとき友情関係が希薄になることが非常に多いです。

被害妄想が強い

事実をきちんと確認しようとせずに自分の妄想で決めつけることが多く、それもマイナス思考なため、彼を疑って責めたり束縛につながります

被害妄想のほとんどは癖になっていて、自分では意識せずとも考え出したら止まらなくなってしまうのです。

彼氏に依存するのをやめる方法

彼氏に依存している自分を変えたい。そう思ってこの記事を開いてくれたと思います。どうやったら依存をやめられるのか解説していきます。

自分に自信を持つ

簡単に言ってくれるな、と思ったかもしれません。ですが依存を抜け出すには自分で自分を大切にしてあげられること、つまりは自分に自信を持つことが不可欠なのです。

・彼好みじゃない、自分のしたいメイクや服装をする

・お気に入りのアロマを焚いてリラックスする

・楽しみながらダイエットをする

・彼氏と付き合う前に楽しかったことや趣味をもう一度やってみる

これらはほんの一例ですが、とにかく自分がなりたい自分を目指して自分を甘やかしてあげましょう。彼も結局のところは他人なので、あなたを救ってあげられるのはあなたしかいません

愛情表現を控えめにする

依存体質の女性は、彼氏のことがとにかく大好きです。そのため、愛情表現も激しく、だからこそ彼から返ってくる愛情表現が少ない気がして愛されていないんだ、とどんどん依存していきます。

自分の愛情表現を控えめにしてみましょう。彼との間の愛情レベルが同じくらいになることによって、愛されている実感を持てるでしょう

彼の立場になって考える

依存の原因は自分本位な考え方です。行動に移す前に、彼の目線に立って考えるようにしましょう。

例)LINEの返信がこない

悪い例

悪い例

どうして返信くれないの!不安になっちゃうのわかるでしょ!

良い例

良い例

返信こないなあ。今は忙しいのかな?

彼が大事にしているものを大事にする

依存傾向にある女性は、自分を一番大切にしてほしいという思いから彼の大事にしているものを大事にできない傾向にあります。

彼が仕事を大切にしているのなら、仕事が原因で会えないときは寂しいかもしれませんが「がんばってね」と応援してあげましょう。

彼氏以外にも本心を出す

もしかしたらこれが一番難しいという方も多いかもしれません。そもそも依存というのはひとりに依存したらつらいだけで、複数人にすこしずつ依存することは自分の居場所が増えることにつながるので推奨されています。

友達や親の前でも、感情表現をする練習をしてみましょう。うれしい・楽しい・いやだ・悲しい・怒っている。すこしずつ練習を重ねることで、自分には彼以外にも自分を大切にしてくれる人がいるんだと実感できるでしょう

依存から抜け出して自立した女性になるために

この以降に書くことは、依存状態から抜け出した後に+αでもっとあなたを素敵な女性にするテクニックです。最初は無理せずに依存から抜け出すことだけを目標にしましょう。

自分の意見を持つことを習慣化する

つい、自分なんかが意見をしてはいけないんだ、と心のどこかで思っていませんか? 周りが言うことだけを聞いていればうまくいくんだ、とも。

わたしがそうでした。わたし自身、彼に依存していたときは「わたしはまだ子供だから彼の言うことだけを聞いていればいいんだ」と自分の意見や意思を持たずに言いなりに行動していました。そのときだってわたしは成人してしばらく経っていて、彼との年の差も4つしかなかったのに、なぜか必要以上に自分を「子供」だと信じ込んでいました。

自分の意見を持ちましょう。最初は些細なことで構いません。ピンクと黄色だったらどっちが好きかなとか、抹茶パフェといちごパフェどちらにしようかなとか。そういう小さなことから「自分の意思で、自分の責任で、自分で選んで行動する」ことの練習をしてみてください

甘えることと依存することの違いを理解する

依存を抜け出すということは、彼に甘えてはいけないということではありません。むしろ、彼以外にも甘えることが依存から抜け出す一歩にな理ます。

甘えることは、自分の努力の範疇ではどうにもならないことを人に助けてもらうことで、依存することは自分の人生の舵を他人に取らせるレベルで委ねきっている状態です。

こう思うと全然違うな、と思いませんか? 上手に甘えられる女性は誰の目にも魅力的に映ります。

自分の時間を大切にする

彼には彼の生活があると同時に、自分にも自分の生活があることを思い出しましょう

あなたの人生は、彼と会っている時間よりもそれ以外の時間の方が圧倒的に多いです。だからこそ、自分の時間を充実させることは人生の充実にもつながります。

のびのびと自分を甘やかしてあげましょう。仕事をがんばった日はおいしいケーキを買うとか、新しいコスメを買って化粧の研究をするとか。そういうことが巡り巡ってあなたを魅力的な女性にしてくれます。

新しいことにチャレンジする

いままで「変化」を恐れて新しいことを避けていませんでしたか?

わたしはそうでした。新しいことに挑戦して新鮮に傷ついたり疲れたりするくらいなら、ちょっと不幸だと思ってもいまある毎日の延長でいいと思っていました。ですが、彼に勧められてこのブログを始めて、最初こそ更新疲れるなあとかアクセス数が伸びないなとか悩んだりもしましたが、今となってはブログという習慣がついたことによって1日の生活リズムが整ったり、ブログに書くために研究しようと雑誌を読んで流行のメイクや服の情報を取り入れたり、いいこともたくさんあったなと思います。

新しいことに挑戦し続けることは大変かもしれません。ですが、リターンは必ずあります。ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

彼のことが好きで、自分に自信がないからこそ彼に依存してしまう……。依存というと悪とされる世の中ですが、きっと気付かないだけで依存傾向のある女性は多く、そして依存はひとえに悪ではないとわたしは考えています。要は依存先を増やしてひとりにかける感情の負荷を軽くしてあげればいいのです。自分の居場所が増えるように努めていきましょう。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
なな子

なな子

なな×ロマを運営しているなな子です。文学とあたたかいお茶と高所が好き。
日常をちょっと豊かにするブログとしてあなたの毎日に寄り添えたらうれしいです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA