彼氏との喧嘩……男性心理から見る効果的な仲直り方法って?

5 min
レトロな男女

こんにちは、なな子(@nnk__11105)です。

恋人とはできれば喧嘩をしたくないもの。でも、意見の食い違いでどうしても喧嘩になってしまうときってありますよね。

あなたはそんなとき自分で謝っていますか? それとも彼が謝ってくるのを待ちますか? もちろん悪い方が謝れれば一番いいですが、大人同士の喧嘩ってどちらが悪いと言い切れるものでもなかったりします。今回は、男性心理を踏まえた上でのオススメの仲直り方法や、喧嘩の最中のNG行動について書いていきます。

この記事はこんな人にオススメ

・彼氏とよく喧嘩をしてしまう

・喧嘩をきっかけに関係がこじれて別れたことがある

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性心理から知る仲直りのコツ

では、具体的な仲直り方法はどんなものがあるのでしょうか?大きく分けて

・自分が悪い場合の仲直りの仕方

・彼氏が悪い場合の仲直りの仕方

の2つについて解説します。

自分が悪い場合の仲直りの仕方

自分が悪い場合は、とにかく素直に謝ることが大切。そのときに、次同じことが起こったらどう対策を取るかを宣言するとよいでしょう。

男性の中には、女性が素直に謝っていると「ほらみたことか、俺の言ったとおりだ」と思う方も少数ですがいます。あなたの彼氏もそういう言葉をあなたに投げかけてくるかもしれません。それにイラっとしても、ぐっと耐えて飲み込んでください。逆上すると余計に喧嘩はこじれます。

また、次同じことが起こったらどう対処を取るか宣言しておくと、彼にも反省していることが伝わって余計なことを言ってくる可能性が減ります。

例)デートに遅刻することが多くて喧嘩になった場合

いつも遅刻してごめんね。

当日の朝になって服や化粧が決まらなくて遅れちゃうことが多いから、次のデートのときには着る服は前もって決めておくね。

彼氏が悪い場合の仲直りの仕方

彼氏が悪い場合は、彼に「賠償」を求めましょう。

「これをされて嫌だったから次からはしないでね」ときちんと説明し、「今回は〇〇してくれたら許してあげる」と許す基準を提示するのです。

些細な喧嘩だったら「アイス買ってきてくれたら許してあげる」、彼がとても悪いことをしたなら「このバッグ買ってくれたら許してあげる」など、罪の重さに対して賠償を設定するといいです。賠償が支払われることによってあなたの中でも彼を責める気持ちが収まりますし、彼にとって後腐れしないのでオススメです。

彼氏が仲直りしたくなるかわいい彼女って?

喧嘩をしたあと、頭に血が上ったのが冷めると一周回って気まずくなりませんか? そんなときにどんな態度でいればいいのでしょうか。

普段通りの態度をとる

喧嘩の直後にふたりでとことん話し合って結論を出したいのは女性だけと言われています。男性は自己解決型なのです。喧嘩をして、彼に謝っても許してくれなくて、数日たったら「もう怒ってないけど」なんて言われた経験はありませんか? 男性は自分の中で感情が風化するのを待つのです。

男性が喧嘩のあとに出て行ったり、「タバコ吸ってくる」と言って席をはずすのは、ひとりの時間が欲しいから。そこに詰めかけて「説明して」とまくし立てるのは逆効果です。

帰ってきた彼は多少気持ちが落ち着いているはずです。そんな彼にいつも通り接してあげると、彼はひどく安心します。きっとどちらからともなく謝罪の言葉が出てくることでしょう。

怒っているのに普段通りになんて接することできない! という方は一旦彼と距離を置くのがオススメです。

なんでも謝らない

とにかく謝るのが癖になっていませんか?

あなたも経験があるかもしれませんが、自分が悪いとも思っていないのに場を収めようと謝ってくる人には「わたしがどうして怒ってるかわかってる?」と言いたくなりますよね。男性も同じです。

謝るときにはなにがいけないと思ったのかをきちんと伝えるようにしましょう。

あなたが喧嘩の後真摯に対応してほしいと思うように、彼も真剣な態度を求めています。

すぐに泣かない

喧嘩のたびに泣いてしまうという女性、いると思います。泣くだけならまだしも、感情的になってまくし立てたり大きな声を出したり。男性から一番疎ましく思われる怒り方です。

わたしもやるせないとすぐに泣いてしまう癖がありましたが、その度に彼がうんざりしていることに余計に傷ついていました。「ごめんね、もう泣かないで」と言える男性は案外少ないものです。

実は涙はなにも解決しません 。

それを踏まえて、泣きそうになったときは一度彼と距離をおいたほうがいいです。どちらにしろ泣いていたらどんどん感情的になってまともな話し合いは難しいですから、落ち着いてからきちんと話し合いましょう。

彼に甘える

言葉以外で解決することもできるのが大人の喧嘩。

喧嘩の最中や喧嘩の直後はお互いに頭に血が上っているので、もう顔も見たくない! という状態かもしれませんが、案外感情が鎮まると喧嘩をしたことを後悔してきたり、寂しくなったりしませんか?

そういうときに、喧嘩をしていたことを一旦忘れて素直に甘えてみましょう。彼もまた、寂しくなっていたかもしれません。甘えてきたあなたに癒されて、喧嘩をしていたことを忘れてくれるかも。

大人になると言葉で謝るのが難しくなったりするものです。もちろんだからこそ言葉で謝ることが大切な訳ですが、それができないときは態度で謝ることも一つの手としてあることを覚えておきましょう。

喧嘩したときにやってはいけないNG行動

喧嘩をしたときに実はやりがちなNGがいくつかあります。見ていきましょう。

ご機嫌取りのLINE

喧嘩のあとすぐに「ごめん、わたしが悪かった」とLINEしていませんか? これは逆効果です。

わたし自身喧嘩の気まずい空気感に耐えられず、すぐ自分から折れてしまっていたのですが、こうしていると彼はどんどん謝れない人になってしまいます。

なにも頑固になれというわけではなく、絶対自分に非がない、譲れないというときは謝らないようにするだけでいいのです。

女性は男性より相手の反応に敏感です。よって、彼の機嫌が悪いところを見るとついつい謝ってしまいがちです。

もしなにか一言謝っておきたくなったら、「さっきは言いすぎてごめん」など、自分が悪いところだけをあげて小さく謝ることを心がけましょう。

彼を放っておけない

彼の気持ちが冷めるのではないかと危惧し、彼を放っておけないという女性もいるのではないでしょうか。

男性にとってひとりの時間を持つことは、気持ちを回復させる大切な時間です。実は、喧嘩した後や体調の悪いときに連絡をもらってうれしいのは女性だけとも言われています。男性は放っておいてくれる女性を求めているのです。

喧嘩をしたあとってそればかりが頭をよぎるかもしれませんが、彼がなにかアクションを起こすまであなたも自分の時間を楽しみましょう。

過去の話をむし返す

これはわたしが一番気をつけていることでもあります。わたし自身が過去の話を出されるのが大嫌いだからです。「昔の方がかわいかった」「昔はもっと優しかった」なんて言われようものならその場で別れ話を切り出したくなるくらいなので、自分も絶対に言わないように気をつけています。

感情的になると、つい過去のことを引き合いに出したり、過去の喧嘩を持ってきて「だいたいあのときも……」と言いたくなってしまいますよね。ですが、過去の話に百害あって一利なし、です。過去のことはどうにもならないし、今から変わっていくしかありません。

喧嘩をしても仲良くいるための秘訣

喧嘩をしたあとの気まずさを引きずって別れてしまった経験はありませんか? 喧嘩をしても仲良く居られる秘訣を伝授します。

相手の意見を尊重する

喧嘩をしている最中でも相手の意見を尊重できるカップルは喧嘩をしたことがそのあとの関係に響きにくいです。喧嘩をしているとついつい相手を否定することを言ってしまいそうになりますが、1番の悪手です。

相手の意見は尊重しつつ、でも自分はここに怒っている、と主張できるようになれば喧嘩も仲を深めるいいスパイスになります。

時間を空けずに話し合いをする

あまりに感情的になっているなら時間をおいたほうがいいですが、時間を空けすぎるとその気まずさから逃げるために別れることを選びたくなってしまうものです。だからこそ、仲直りは可能な限り早めに済ませておきましょう。

未来の話をする

仲直りをしたあとは、喧嘩していたことを蒸し返すのはやめたほうがいいです。

ちょっと根に持っていることがあったとしても、彼を責めないようにしましょう。自分が悪い場合であっても、過去を蒸し返されるとどんどんお互いの空気が悪くなります。そうならないためにも、仲直りをしたあとは「未来の話」に切り替えるのがgood!

「これからは〇〇をするから、もう同じことは起きないね」など、未来の話をすればあればお互いに傷つくことはありませんし、関係も悪くなりません

まとめ

できればしたくない喧嘩。でも、喧嘩をうまく乗り越えたカップルはさらに絆を深めます。喧嘩をしても焦らず、感情的にならず、お互い落ち着いて話せるまで距離や時間をあけるのが効果的です。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
なな子

なな子

なな×ロマを運営しているなな子です。文学とあたたかいお茶と高所が好き。
日常をちょっと豊かにするブログとしてあなたの毎日に寄り添えたらうれしいです。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA