彼氏の呼び方で困ってない?大人カップルの名前の呼び方と注意点

2 min
キスをする男女

こんにちは、なな子(@nnk__1105)です。

そこのあなた! 恋人の名前の呼び方に困ってはいませんか?

付き合う前に「苗字+さん」付けで読んでいたからその癖が抜けなかったり、職場で出会って付き合ったから職場での呼び方が板についてしまっていたり……付き合っているんだし本当はもっと特別感のある名前で呼びたいのに、なんて思っていませんか? 今回は大人カップルの名前の呼び方と、気をつけるべきケースについてご説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大人カップルの名前の呼び方

彼のことをどう呼ぶかは、彼の年齢や付き合っている期間によっても変わってきます。

こちらでは、彼の呼び方を決める際のポイントを年上彼氏と同い年・年下彼氏の2パターンに分けてご紹介します。

彼が年上の場合

年上の彼氏の場合は、相手に敬意を払いつつもお互いが対等である呼び方を選びましょう。

オススメなのが「下の名前+さん」付け。年上の彼の威厳を保ちつつ特別感も表せます。2人だけの特別感がほしいなら、他の人からは呼ばれないようなあだ名をつけるものおすすめです。あだ名は「名前の上二文字+さん(くん)」がベター。

対等な関係を大切にしたい場合は下の名前を呼び捨てでももちろんOKです。ただ彼の性格によっては年下の彼女から呼び捨てにされることを気にする場合もあるので、彼の性格を鑑みた上で呼び方を決めましょう。

彼が同い年・年下の場合

彼氏が同い年・年下の場合は、呼び方の自由度が上がります。逆に同い年・年下の彼氏にさん付けをすると嫌がられてしまうこともあるので、「下の名前+くん」付けで呼ぶのがオススメです。

また、同い年・年下彼氏の場合、付き合いが長くなればなるほどお互いの関係もフランクに崩れていくので、仲が深まった後なら会話の流れで出来上がったお互いにしか通じないあだ名で呼び合うのもgood!

大人カップルが呼び方を変えるタイミングはいつ?

名前の呼び方について書きましたが、やはり普段の呼び方から変えるときは緊張しますよね。お次は呼び方を変えるベストタイミングについてご紹介します。

クリスマスなどのイベントごと

一番自然なタイミングは、誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベントごとがあるときです。

付き合いたてのカップルの場合は、付き合う前の呼び方から恋人らしい呼び方にチェンジするタイミングも意外と難しいものです。イベントの非日常的な特別感によって、呼び方を変えることも普段より照れくさかったり恥ずかしい感情が少なくなります。 

イベントの特別な空気感に便乗して、思い切って彼の呼び方を変えましょう。

喧嘩後の仲直りをするときに

次にオススメなのが、喧嘩をした後の仲直りをする瞬間に名前の呼び方を変えることです。

喧嘩の後というのは、「相手に謝らないと」という気持ちがあるので、少しのわがままやお願いは聞いてもらいやすいタイミングです。 

だからこそ、彼の呼び方を思い切って変えたい場合は喧嘩の後に提案するのもいい方法になります。呼び方を変えてもっと仲を深めたいという要望は、険悪なムードの後の仲直りの手段としても最適なのです。

また、喧嘩の後もまた、非日常的な時間のひとつでもあります。普段の生活の中でいきなり切り出すよりも恥ずかしい思いや抵抗感少なく呼び方を変えたいということを伝えられると思います。

大人カップルはTPOをわきまえた呼び方が大切

普段は2人だけの呼び名で呼び合っていたとしても、状況によって彼がその呼び方を「恥ずかしい」「威厳が保てない」と思う瞬間が出てきます。場所や状況をわきまえて呼び方を変えるようにしましょう。

例えば彼の上司や同僚、両親の前など……呼び方に気を付けておくべきポイントはたくさんあります。そうした瞬間にあなたが普段の2人の関係性を持ち込んで、いつもの呼び方を使うのはとても危険です。

彼が職場や友達、家族の前でしっかり威厳を保つことができるよう、時間・場所・状況はしっかり把握しておき、2人の呼び名を使っていいのかどうかを判断できる大人な対応を忘れずにいることがオトナ女子のあるべき姿です。

まとめ

今回は大人カップルの名前の呼び方にについてご紹介しました。彼との距離を縮めるなら呼び方を変えるのが一番ですが、彼が威厳を保てるようにTPOを常に意識して呼び方を流動させることが大切になってきます。そのためにも彼の性格をよく知り、どういうときにどんな呼び方で呼ばれたら恥ずかしいと思うのかなど普段から目を光らせておくと失敗せずにすみます。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
なな子

なな子

なな×ロマを運営しているなな子です。文学とあたたかいお茶と高所が好き。
日常をちょっと豊かにするブログとしてあなたの毎日に寄り添えたらうれしいです。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA