恋愛で負ったトラウマ……原因を追求して克服しよう!

4 min
手をつなぐ男女

こんにちは、なな子(@nnk__1105)です。

過去の恋愛でトラウマを抱えてしまって、新しく恋愛するのが怖い。そんな思いをしたことはありませんか? 過去の恋愛が原因でトラウマを抱えてしまう人は多くいます。今回はそんなトラウマの原因を考え、心の負担を少しでも軽くする方法についてご紹介します。恋愛でトラウマを負った男性と付き合うコツもあわせてご紹介!

この記事はこんな人にオススメ

・過去の恋愛のトラウマのせいで新しい恋愛に踏み込めない

・恋愛でトラブルを負ってしまった彼と上手に付き合っていきたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

恋愛でトラウマを抱えてしまう原因は?

恋愛でトラブルを抱えると聞いても、ピンとこない方や自分はあてはあるのかわからないという方もいると思います。まずはなにが原因になるか解説します。

・恋人から浮気をされたことがある

・恋人から暴力を受けた経験がある

・理由がわからない突然の別れをした

・自分は本気なのに相手は遊びだった

恋人から浮気をされたことがある

トラウマと思い浮かべて一番最初に出るのがこれ、浮気だと思います。

自分は一生懸命愛していたのに、相手は他の女性と浮気していた、なんてことが起こると、また次の人も浮気するんじゃないかな、わたしに魅力がないのが悪かったの? と負のスパイラルに陥ってしまうのです。

恋人から暴力を受けた経験がある

昨今DVという言葉がよく聞かれるようになりましたが、DV被害を受けていた女性はトラウマを抱える可能性が極めて高いです。

また、目に見える暴力だけではなく、心の暴力(モラハラ)も恋愛間における暴力のひとつ。

「お前は本当に馬鹿だなあ」「どうしてこんなこともできないの?」というように人格を否定されたり、意見が食い違うと無視をされたり。

自分でも気づかないうちに心の傷になっている場合が多いのがこのモラハラです。

理由がわからない突然の別れをした

昨日まで普通に話していたのに、デートの約束だってしていたのに、振られてしまった。こんな経験はありませんか?

理由がわからないまま突然別れを告げられると、トラウマとして傷が残りやすいです。

「勝手に別れようとしてくる人なんてこっちから願い下げ!」とすっぱり割り切れればいいのですが、実際はどうして振られたんだろう、わたしがなにかしてしまったんじゃないか、と自分に原因を求めて悪循環になります。

自分は本気なのに相手は遊びだった

自分は本気で彼を愛していたのに、彼はわたしを遊びやキープくらいにしか考えていなかった! となったら深い傷を負いますよね。

これは想いが釣り合わない恋愛を経験して、次の人もわたしを愛してはくれないんじゃないかと疑いやすくなるためです。

浮気に近いところもありますが、こちらのケースは相手があなたを本気で愛していた期間がない分より疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

恋愛のトラウマによって生じる影響って?

トラウマを抱えると、具体的にどんな影響があるのでしょうか。見ていきましょう。

また裏切られるんじゃないかと人を疑いやすくなる

一度恋愛で裏切られた経験のある女性は、また裏切られるんじゃないかと気になる男性ができても深入りしないようになります。

すると結果的に男性側も「自分のことが好きじゃないんだな」と離れていくので、「やっぱり裏切られた!」という負の連鎖に陥ってしまい、どんどん人を信じられなくなっていくのです。

自信を失ってコミュニケーションが下手になる

過去の体験がフラッシュバックして、「自分はまた嫌われてしまうのではないか」と発言に対して消極的になるケースです。

発言に対して消極的になると、コミュニケーション能力の低下につながります。すると、新しい出会いもなくなってしまって結果的に恋愛から遠ざかってしまいます。

恋愛自体を拒絶するようになる

ひどい別れ方をしたイヤな思い出が、恋愛と紐づいてしまい「恋愛=ただ辛いもの」とインプットされてしまっているケースです。

この傾向にある人は恋愛自体に拒否反応を示します。恋愛をしている人をどこか小馬鹿にしてしまうことも。

恋愛のトラウマを軽くする方法

ではどうやってトラウマを減らしていけばいいのでしょうか?

・コミュニケーションの幅を広げる

・もやもやしていることをアウトプットして整理する

・カウンセリングを受ける

以上3つの方法を解説していきます。

コミュニケーションの幅を広げる

対人関係のトラウマを軽くする方法に、新たな出会いを増やすというものがあります。

自分の頭の中の登場人物が増えることによって、トラウマの原因の人物の比重が下がり、結果的にトラウマが軽くなるのです。

もちろん良いご縁があれば一番ですが、最初は恋愛をしようと思わずに人とコミュニケーションをすることを純粋に楽しんでみましょう。

もやもやしていることをアウトプットして整理する

目に見えない不安は次第に膨らんで心を占拠します。悩みを可視化すると、「あれ? たったこれだけ?」というように、案外小さい悩みであったり単純な悩みだったことに気付けるのです。

方法としては、人に話すのも効果的ですが、人にこんな話をするのはちょっと……という方は白い紙に書きなぐることをおすすめします。

カウンセリングを受ける

たかが恋愛で大げさじゃない? と思われるかもしれませんが、恋愛で受けたトラウマも立派な心の傷です。

どうしようもなくなる前に、専門家の手を頼ることも考えてみましょう。上二つの方法を試してみても無理だった、試す気力すらなかった、という方は一度カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。

恋愛にトラウマを持っている男性とうまく付き合うには?

あなたが恋愛にトラウマがなくても、彼氏や気になっている男性がトラウマ持ちな可能性は十分ありますよね。

実は、わたしの恋人も元カノからモラハラを受けたり浮気された過去があります。わたしの恋人の場合は、過去に受けたモラハラを自分の中で「恋人同士はこういうものなのか」という間違った消化の仕方をして、わたしにモラハラ発言をしてくることもありました。

心に傷を負った男性にはどういう風に接すれば良い関係を築けるのでしょうか。見ていきましょう。

付き合うまでは短期戦ではなく長期戦の恋愛を覚悟する

恋愛でトラウマを感じている男性は、女性に対して基本不信感を抱いています。

そのため、気になる女性に対しても対応が素っ気なかったり、ぎこちなかったりしてしまいます。

そんな彼に対して短期間で距離を縮めようとすると彼はトラウマが再発してしまうかもしれません。ゆっくり時間をかけて、自分という人間はあなたに危害を与えないということをプレゼンする能力が試されるのです。

付き合ってからはどんなに小さいことでも感謝する

これは彼の自己肯定感を高めるためになります。

恋愛にトラブルを持っている人は、「自分なんてどうせまた捨てられるんだ」という低い自己肯定感の方が多いので、「あなたが大事だよ、大好きだよ、ありがとう」と彼が上を向けるような言葉をかけることを心がけてみてください。

まとめ

恋愛のトラウマと言っても人それぞれ。今回書いた以外のことがトラウマになっていることも十分考えられます。自分の心の傷を軽いと過信せず、自分で、または人の手を借りて、ケアしてあげましょう。そうすればまたきっと恋愛を楽しめる時期がきます。それでは、また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
なな子

なな子

なな×ロマを運営しているなな子です。文学とあたたかいお茶と高所が好き。
日常をちょっと豊かにするブログとしてあなたの毎日に寄り添えたらうれしいです。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA